お金が無くて家賃が払えない状態。

結婚式、新婚旅行、妊娠出産と、どんどん貯金や収入が減り、旦那も仕事をやめたりして本当にお金がなくて困った時があります。

旦那がすでにいくつもの消費者金融からお金を借りていて返済中でしたので、さらに借りることができませんでした。

私の名義でローンを組んでほしいと旦那に言われたのですが、断りました。借金をするということが怖かったからです。

家賃が払えない状態にもなり、専業主婦でも使えるカードローンのカード(楽天銀行)を持っているのでそれを使おうかとも思いました・・・楽天銀行以外でも専業主婦でも使えるカードもあるみたいですね。

家賃払えない

こういったことを調べるまで究極にお金がなくて困っていたのです。

それから私が拒否したことで夫婦仲が悪くなっていきました。それでも生活している以上出費がかさみます。まだ子供が小さくてミルク代、おむつ代と洋服が小さくて着られなくなれば洋服代と節約できずもう貯金が底をつきました。

その時は一ヶ月だけ消費者金融に借りようかなと思ったこともあります。それを両親へこぼしたら借りるものではないと言われ両親からお金をいただきました。

それから親戚へ頭を下げることに対して抵抗もなくなり、旦那の父親、私の両親、祖父母、弟、従弟まで助けてくれようと手を差し伸べてくれました。

あの時私が両親に何も言わなければ今頃はこっそりとお金を借りていたかもしれません。また旦那が毎月返済している姿を見ると私は絶対消費者金融からはお金を借りないという強い意志もありました。ですが、当時お金に困ったときは親戚に頭を下げて助けてもらい乗り切りましたが、今現在消費者金融ではないですが、必要な買い物をする時に手持ちにお金がなくてもクレジットカードで買い物をして支払を翌月に回したり、すでにリボ払いへと変更して毎月の借金返済みたいな生活になってしまいました。
きちんと毎月返済することが出来れば何の問題もない消費者金融だと思いますが、一度返済できなかったり、ずっと連絡を怠っていると大変なことになるところだということも事実だと知っています。

旦那が今そうだからです。

返済を滞らせた結果弁護士からいきなり連絡が来て、強制的に支払う事になったり、それか一括で支払うよう文書が届いたりしました。入口は踏み込みやすいところでしょうが抜けるのに苦労しそうだという印象を持っているので、これからも消費者金融からは借金せずに生活していきたいです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>